永遠の0
0
    永遠の0 (講談社文庫)
    永遠の0 (講談社文庫)
    百田 尚樹

    終戦から60年目の夏。
    姉が突然、死んだ自分たちの本当の祖父について調べたいと言い出した。
    話をまとめて本にしたいというのだ。

    気乗りしなかった健太郎だが、バイト代に釣られて引き受けた。

    祖父を知っているという人物に会いに行き、祖父の人柄や生きざまを取材する。

    パイロット仲間。整備士。教え子。
    孫である自分たちは知らない。彼らだけが知っている祖父の顔。
    口をそろえて言う言葉は、天才だが臆病者。

    『妻と子供に会うために、生き延びる』
    そう言って戦っていた祖父。

    だが終戦間際、彼は特攻隊として戦場に散った。
    臆病者として戦場を生き抜いた彼が、何故、死を選択したのか。

    そこには祖父の、ひいてはその時代を生きた人々の深い気持ちが刻まれていた。


    戦争を身近に感じることなく生まれ育った人間には、どうしても理解できない時代の波。

    たかが数十年。
    けれどその溝はとても深く、私たちを戸惑わせます。

    戦場にいた人たちは、あまり多くを語りません。
    それはきっと、言っても理解されないと分かっているからでしょう。

    『戦争はいけないことだ』
    そんなことは誰でもわかってます。
    『特攻なんて馬鹿げてる』
    命を一番に大切にすることを教えられてきた私たちには当然の心理です。

    けれど、少し前までは私たちの理屈や感情が届かない場所に日本があった。

    本の中に出てくる人たちは、特殊な人たちではありません。
    誰かの夫であり、父であり、恋人であり、息子であった、ごくごく普通の人たち。

    戦争がなければ、今の私たちと同じようにのんびりと、平和を愛する人たちになっていたでしょう。

    それが許されない社会で、どんな葛藤を持ち、そしてどうやって自分を納得させて散っていったのか。
    そしてまた、生き残ってしまった人の気持ちはどこへ行くのか。

    『平和の中に生きている者たちはあの時代を非難する。けれど、今の時代でも、自分の首をかけてまで会社に物を申すことが出来る人間がどれほどいるか』

    新聞や自分の正義を信じて疑わず、特攻はテロと同じであるという主張をしていた新聞記者に、生き残った男性が言う言葉には、重い説得力がありました。

    文字通り何をするにも言うにも『命がけ』だったあの時代。

    絶対に戻りたくはないなと心から思いました。
    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/986450
    トラックバック