プラチナ・データ
0
    JUGEMテーマ:映画



    全国民を遺伝子レベルで登録・管理するシステムが開発された。
    これにより犯罪者を早期に逮捕でき、冤罪もなくなるという夢のシステム。
    警察庁の特殊解析研究所に所属する天才科学者・神楽龍平は、DNA捜査の重要関係者を狙った連続殺人事件を担当することになったが、システムを使用して解析した結果、神楽自身が犯人だとコンピュータに告げられる。
    身に覚えのない彼は逃亡を決意。真実を突き止めるため、警察の手をかいくぐり走り出した。


    警察との攻防は緊迫感あり。見ごたえがありましたが、出来ればその部分を削って心理戦とか入れてもらえたら面白いのになーと思わないでもありません。
    二重人格だった神楽と、システム開発協力者の女性との過去が物語に奥行きを与えていて、ちょっぴり切ない気持ちです。
    科学的な捜査は大賛成ですが、システムを作るのも使用するのも人間で、ケアレスミスは必ずあるということを念頭に置いてほしいとつくづく思います。
    何でも過信って怖いですね。
    今、DNA鑑定で親子判断される方が増えてるみたいですが、鑑定は白黒つけるものではなく、あくまでも可能性のひとつだと考えてやった方がいいような気がします。
    まだ、完全に解析されていない部分もあるでしょうし、将来的に実は間違ってたってこともないとは言えませんから。

    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000588
    トラックバック