すーちゃん まいちゃん さわ子さん
0
    JUGEMテーマ:映画



    益田ミリの四コマ漫画「すーちゃん」の実写化。
    料理好きでカフェ勤務歴十数年、のんびり屋さんのすーちゃんと、職場で便利屋のように使われているまいちゃんと、祖母の介護を母親と頑張っているさわ子さん。
    休日に三人で過ごす食事会を楽しみにしているごく普通の女性が、ふと立ち止まり不安になったり前を向いて頑張ったり、ちょこっとの幸せを求めて夢を見ながら歩いている作品。


    すごく共感できる作品でした。
    それぞれが歩いてきた別々の道。そこには誰もが抱える問題や不安があって、間違いとか失敗とか裏切りとかに挫けそうになりながらそれでも前を向こうと顔を上げる三人にエールを送りたくなります。
    誰かに自分を重ねて「みんな同じなんだ。頑張ろう」って思える。そんなストーリーでした。

    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000587
    トラックバック