戦力外捜査官
0
    JUGEMテーマ:読書



    美人で推理力は完璧。だけど変わった思考の持ち主で周りを混乱させるドジっ子の警部と、そのお守を言いつかった設楽刑事が、一筋縄ではいかない連続放火魔の犯人に迫る。


    警部の人となりにちょっと感情移入しずらいところはあり、推理の展開もちょっと難しいなと思うところがありましたが、ネットの闇という部分にはハッとさせられるものがありました。

    あまりにも無防備に自分をさらけ出すというのは前から抵抗がありましたが、何気ない一言、何気ない会話、何気ない描写や考え方から人に恨みを買ったり、また人の人生を引っかき回すことがあるのだというのは、ブログやSNSなどで配信している立場の方たちには共感できる部分があるのかもしれません。

    私も出来るだけ住んでる場所や地域、固有名詞などは避けるようにしていますが、それでも推察できる部分は多くあります。
    また、確証がない噂話でも何の気なしに呟いてしまうことがあり、今後、さらに気をつけなければと気が引き締まりました。

    それでもネットを介しての情報で助かったりすることもあるので、やみくもに警戒ばかりでもいけないと思います。
    悪意ある書き込みはもちろん論外ですが、噂などは話半分以下で聞き流せるように読む側ももっと大人にならなければならないなと感じました。

    ドラマ化されるということなので、どのように味付けされているのか楽しみです。

    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000568
    トラックバック