君と会えたから・・・
0
    JUGEMテーマ:読書



    将来の不安を抱えながら、それでも何かを踏み出すことに臆病で言い訳ばかりしていた高校生の男の子。
    そんな彼が留守番をしていた書店に不思議な魅力を持った女子高生がやってきた。
    彼女は彼を応援すると言う。
    彼女の父親から教えられたという課題をこなすうち、その後の人生を変えるような驚きと発見をしていく物語。


    この少年は私でした。
    まさしく十代の頃の私。今でもあまり成長してませんが、あの頃にこの本と出会い、その通りに行動していたら、きっと物の見方が180度変わっていただろうと思い、すごく残念な気持ちになりました。
    進路に悩んでる人、人生に行き詰った人、自分の気持ちが分からず戸惑ってる人、未来へ踏み出せず焦燥感を抱えてる人、そんな人にぴったりのすてきな物語です。

    今まで自分は夢を諦めなきゃいけないと思いやさぐれてたけれど、夢そのものの見方を変えれば人生はより輝くんだと知りました。
    仕事に対する考え方とか、夢に対する価値観とか、とにかく目から鱗の話が盛りだくさん。
    もう少し若かったらと思わず、出来る可能性はあの頃より少なくなったけど、今からでも初めてみようと思う、そんな物語に出会えてちょっと嬉しい♪

    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    amiさん (≧∇≦)

    お久しぶりですッ! お元気にされてましたか?
    amiさんも喜多川さんの本読まれてるんですね。
    なるほど、だから雰囲気が柔らかい人だったんだなーと納得しちゃいました(*^_^*)
    まだまだ未知の話があるようなので、これからじっくり読んでいこうと思います♪
    | 黒猫 | 2013/12/22 8:32 AM |
    マッチショー以来、お久しぶりです。
    黒猫さんのブログを見たら、喜多川泰さんの本について書いてあったので、思わずコメントしちゃいました。私も喜多川泰さんの本、生き方を教えてくれたり、勇気を与えてくれるので好きで、ほとんど読みました。ちなみにこの本、私も買いましたよ!
    | ami | 2013/12/22 12:01 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000556
    トラックバック