しあわせのパン
0
    JUGEMテーマ:映画



    自然豊かな山間の、緑あふれる広い土地の一角に、小さな暖かいパン屋があった。
    主人がパンを作り、奥さんがコーヒーを入れる。たまに暖かなスープが出てくるとっても素朴なパン屋さん。
    二階は宿泊出来るようになっていて、遠方からわざわざやってくるお客さんにも対応していた。

    その店ではいつも出来たてで美味しいパンが味わえる。
    夫婦はとても優しくて穏やかで笑顔を絶やさない。だからやってきた人々は癒やされる。

    失恋して、沖縄旅行だと見栄をはってしまった女性。
    お母さんのかぼちゃスープを恋しがる小学生。
    介護が必要となった連れ合いと旅をする男性。

    彼らに提供される料理はどれも心がほっこりするような優しい味。
    夫婦はただ寄り添い、美味しいパンを作り続ける。



    ワケありの夫婦が経営するパン屋さん。
    悲しいことを経験して、それを抱えて、辛い気持に向き合いながらも人に優しく、人を幸せにするパンを作る夫婦。
    とっても素敵でした。

    ただ寄り添ってくれる、そんなお店であることが最大の魅力。
    ワケしり顔で諭したり説教したりお節介を焼いたりするのではなく、暖かで優しい料理を作ってもてなしてくれる。
    簡単なようで難しいことをさらりとやってくれる夫婦。

    自然豊かな環境と同じように穏やかで優しい時間が流れていました。

    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000520
    トラックバック