ソウルメイト
0
    JUGEMテーマ:読書

    亡き母が飼っていた柴犬を探しに被災地へとおもむく男性。
    余命を告げられたバーニーズのために引っ越しをした家族。
    離婚した妻と息子が飼い始めたテリアのしつけを頼まれた元父親。

    話せないからこそ深い絆で結ばれた犬と飼い主。
    かれらが本当の家族となっていく物語。



    全部素敵な物語でした。
    中には涙なしでは読めないものも・・・。

    ちゃんと愛情もって育てれば、絆を結べる犬たち。彼らはまっすぐな瞳で家族というものを見つめているんですよね。

    ずるしたり、面倒がったり、辛がったりするとすぐに見抜く。楽しかったり、嬉しかったり、愛おしかったりするとすぐに反応が返ってくる。

    犬の目を見ているとまるで鏡だなと思うことがあります。
    自分の気持ちを率直に反射されてるような気がして、身が引き締まることもあります。

    小さな、だからこそ大切な命。
    一人で生きて行くのは大変な犬たちを最期まで看るのは飼い主の責任であり愛情。

    最期の瞬間、彼らの目に映るのが、大事で大好きな家族の顔でありますように。
    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000500
    トラックバック