鍵泥棒のメゾット
0
    JUGEMテーマ:映画

    自殺願望のある売れない役者・桜井武史は、銭湯で転倒して意識不明になった男と自分のロッカーの鍵を入れ替え、その男になり済ますことにした。

    男の金で借金を返し、知らない顔をして元に戻ろうとしたのだが、なんと男は記憶を失っていた。

    元の戻る機会を逸した桜井は男のマンションで複数のIDカードを見つけ、とんでもない人間とすり替わってしまったことに気づいたが、すでに後戻りが出来ない状況に追い込まれていた。

    一方、記憶を失ったまま桜井として生活を始めた男は、役者に面白みを見出していき・・・・。



    銭湯のロッカーの鍵を入れ替えたことで人生が入れ替わった二人の男。
    テンポも間の取り方も最高!
    役者がベテランだとめっちゃ面白いです。

    いそうでいなさそうな性格設定も面白い。
    それぞれが真面目にやってるところにおかしさがにじみ出てくる、そんな作品でした。
    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000489
    トラックバック