ゼラニウムの庭
0
    JUGEMテーマ:読書

    双子として生まれた祖母。だが片方の娘は理屈では説明できない育ちのため、人の目から隠されるようにして育った。

    普通に生き、結婚して子をなし、亡くなっていく家族。
    それを見ながら長い時を生きる双子の方割れ。
    その存在は一族に暗い影を落とす。


    思わず引き込まれました。
    祖母から話を聞いて、彼女のことを書かなければと使命感をもった孫娘。
    いったい、どんな育ち方をして、どんな謎を持った女性なのか。ぐいぐい引き寄せられるのを自覚しました。

    世の中の理から外れてしまった孤独と理解されない絶望の中、それでも彼女は生き続ける。
    そして、それを支える一族。

    言葉では説明できない不思議な絆の物語だと思います。

    これを読んだ後、アメリカに同じような子どもがいることを知りました。
    今解明されている遺伝子には異常が見当たらず、長寿や病気の治療に役立つ情報が得られるかもしれないと期待されているそうです。

    夢のある話だけど、実際に様々な検査をされちゃう子の身になると複雑ですね。
    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000486
    トラックバック