妖怪人間
0
    JUGEMテーマ:映画

    とある研究所で生まれた人ならざる命。
    ベム・ベラ・ベロの三人は、外見は恐ろしい妖怪だが、人間の助けになりたいと行動する善の心を持った妖怪だった。

    彼らの望みは完全な人間の体を手に入れること。
    だがそれには悪の心を取り込まなくてはならないと言われ・・・・。


    アニメの雰囲気を所々に取り込んで、よく作られてるなと感じました。
    とても懐かしい雰囲気。

    人に嫌われながらも人になりたいと願う。彼ら妖怪の悲しみが胸に痛いです。

    人間ってそんなにいいものかなーと思いつつ、かといって他の生命にはなりたくない自分って、やっぱりかなり我儘。善の心よりも悪の誘惑を多く持ってるんじゃないかと省みて反省することしきり。

    自分たちとは根本的に違う生命を果たして受け入れられるだろうか?
    そんなことも考えて見ると、とても難しい作品だと思いました。
    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000485
    トラックバック