おおかみこどもの雨と雪
0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    大学生の花は、ある日校内で狼男の彼と出会った。
    不思議な糸に導かれるように恋をし、結婚して二人の子供を授かるが、幸せな時は短く、まだ幼い子を残して父親が亡くなってしまう。

    失意に暮れる花。だが子供たちを守らなければならない。
    不安定に、人間になったり狼になったりする子供たちを育てるため、花人目に付きにくい田舎へと引っ越しを決意する。
    将来子供たちが、人間か狼のどちらでも選べるように。。。

    活発でお転婆な長女の雪はすぐ環境に馴染んだが、病気がちで内気な雨はなかなか馴染めない。
    そんな子供たちを温かく見守る花。

    そして変化はゆっくりと、だが確実に訪れる。


    『時をかける少女』や『サマーウォーズ』を手掛けた映画監督、細田守の作品。

    急激な物語の展開や、派手な演出はない。けれど、じっくりと描かれた世界に心を揺さぶられる。
    この物語は、おおかみ人間として成長していく子供たちと、それを見守る母の話だけれど、普通の子育てにも通ずるところが沢山あった。

    感嘆したのは花の心の持ちよう。
    部屋をめちゃくちゃに荒らされても、野菜作りが上手くいかなくても、イライラして子供たちに当たったり怒鳴ったりすることがない。
    それはすごい精神力だと思う。

    地域との関わり方も素晴らしい。
    オオカミ人間という特殊な子どもを持ってしまったら、いかにして隠そうかと苦心する。
    けれど花は、必要以上に子どもたちを拘束したりしない。
    学校にも行かせるし、近所付き合いもちゃんとする。

    心配はあるだろうけど、信じてる。

    そんな彼女に育てられた雪と雨は、ちゃんと自分たちの未来を自分の手で切り開いていった。
    まさにこれが子育てだな、とそう感じた素敵な作品。
    posted by: 黒猫 | アニメ・コミック・ゲームの感想 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000380
    トラックバック