テルマエ・ロマエ
0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をW受賞した原作をアニメ化。

    もっとも栄えている時代の古代ローマで、設計技師をしていたルシウス・モデストゥスは、ある日斬新な風呂の設計を頼まれた。

    悩んだ彼は、友人とともに公衆浴場へ行って見ることにした。

    どんな風呂が喜ばれるのか、考えているうちに突然タイムスリップで現代日本の銭湯へと流されてしまう。


    風呂という一つの事柄だけをキーに、古代と現代を行き来してストーリーが構成されているのはとても面白い。

    紙芝居が動いているような技法も、短い時間で終わらせるメリハリの効いた展開も、そして本当に必要なものは決して古代に持って帰れないというオチも、全てが上手く繋がっていて作品を盛り上げているところがスゴイ。

    ただ、原作ではもっとシリウスが真面目だということ。

    「秘密結社 鷹の爪」などの独特な作風を作るDLEなので、ふざけている部分があるのは仕方ないのかもしれませんが、ストーリー的にはハマったので、機会があれば原作を読んでみたいと思います。

    実写映画も楽しみ。
     
    posted by: 黒猫 | アニメ・コミック・ゲームの感想 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000248
    トラックバック