とんび
0
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    母を不慮の事故で失くし、父子家庭となったヤスとアキラ。
    互いに思いやり、時に反発し、迷いながら戸惑いながらも真っすぐに生きて行く二人のハートフルストーリー。


    母の死は父親のせい。そう教えられて育ったにも関わらず、誰を恨むことなく成長したアキラ。
    そこには周りの大人たちの素敵な支えが沢山ありました。

    お寺の住職さんの話は、毎回考えさせられ、泣かされます。
    寂しさや憤り、迷いを受け止めてくれる人がいると、人ってこんなにも真っすぐ素敵に成長できるんだって、とても心が温まりました。

    不器用な父親の愛、その愛に自分なりに応えようとする息子。
    昭和という時代のイイとこがいっぱい詰まった作品でした。
    posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    母。わが子へ
    0
      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

      末期のガンを患った母の願いは、音信不通の次男と再会すること。そして、愛想をつかされ家を出ていかれた妻子を呼び戻せない長男・崇史の手助けをすること。

      次男を探し出し、次にかつて住んでいた宮城への旅行を提案する母に、気がかりながらも付き合う兄弟。

      震災後の宮城でそれぞれに想うことは・・・・。


      自分のことはさておき、子供たちや孫のことを考えて最期の時を過ごそうとする母親の強さとしなやかさには脱帽です。

      痛いだろうに、苦しいだろうに、そんなところは見せず、ただ人生の道しるべをそっと記していく母親。
      答えを与えず、じっくりと考えさせるやり方にも、懐の広さを感じます。

      愛する人を失うことは人生最大の損失ですが、心の依存をしていた母親は格別でしょう。

      それでも前を向いて明日を生きて行く。
      そう決意させるように仕向けてくれる母親って、素敵です。

      いずれはくる別れ。分かっていても胸が締め付けられます。
      posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      WOWOW開局20周年記念番組 三谷幸喜「short cut」
      0
        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

        全編ワンシーン・ワンカットで作り上げたTVドラマ。

        車が途中で故障し、早く東京に帰りたいからと歩いて国道に向かった夫婦。
        近道に山道を選んだが、迷ってしまい、疲れと苛立ちから口喧嘩がエスカレートしていく。


        発想は面白いのですが、やはり中だるみが気になります。
        人の私生活に興味のある人や、役者のファンなら楽しめるでしょうが、夫婦のたわいない日常の話や喧嘩に興味のない人には、楽しむポイントが分かりずらいと思われます。

        私もその中の一人。
        早々に諦めました。

        ただ、ラスト。助かった二人が歓喜する姿が、一番リアルだったのではと。
        posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        幼獣マメシバ
        0
          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

          中年の引きこもりで、他人と接することが怖く、生活能力ゼロ。
          母親に依存しきっていたジロウは、ある日、その頼りにしていた母から見捨てられる。

          代わりにやってきたのはマメシバのイチロウ。

          自分のことすら満足に出来ない彼だったが、母親の残した課題に挑戦しているうち、イチロウが大切な存在となっていることに気づき、人と関わるすべを学んでいく。


          殻に閉じこもっていたジロウの持論がとても面白い。
          一理あるが、お前が言うか? 的なところに笑いが。

          極度の怖がりで、他人を拒絶し、けれど依存していた彼が、少しずつ外界に目を向けていく様子は興味深いです。

          一歩踏み出そうとする勇気。
          分かっちゃいるけど大変なんだってところ、共感します。

          当然ですが、マメシバは可愛いです。
          そのマイペースさで引きこもりのジロウを引っ張り回すところが、犬の魅力とでもいいますか。。。

          このシリーズはかなり沢山あります。
          一度の試練でめでたしめでたしとならないところが、リアルで良いですね。
          posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          花嫁の父
          0
            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

            耳の聞こえない少女を男手ひとつで育ててきた寡黙な父親。
            常に、娘を気遣って、彼女が逞しく生きていってくれるように願いながら、過保護にし過ぎない距離を保って接する。

            そんな父親に負担をかけたくないと結婚を決意するも、破談。
            思いきって東京に出かけた先で携帯をなくすトラブルに見舞われて・・・。


            ギバちゃん扮する父親の、寡黙だけれど暖かい笑顔がとても魅力的でした。

            それにしても・・・・携帯の音も『ヤマト』鼻歌も『ヤマト』描いた絵にも『ヤマト』って、どんだけプッシュしてんの!? これってもうギバちゃんの趣味だよね。ゴリ押ししてるよねっていうくらいの『ヤマト』づくしで、同世代には笑える要素がキッチリ入ってるとこもツボ。

            けれどラストは互いを思いやって、母親亡きあと寄り添って生きてきた父子の姿に思わず涙がほろり。

            ヤラレタ! と思った瞬間でした。
            posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            リーガル・ハイ
            0
              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

              勝つためならどんな手段も厭わない。『勝った者が正義だ』という信念を胸に、裁判に勝利しつづける弁護士・古美門。

              そんな彼の元で働かざるを得なくなった人情派新米弁護士・薫は、彼のやり方に反発しながらも、次第に正義とは何か、闘うということはどういうことかを考えさせられていく。

              古美門をそこまで勝利に駆り立てるものは何か。
              彼の過去が明らかになるにつれ、物語はさらに面白く深くなっていく!


              大きな組織や権力についおもねってしまう社会。

              理想に燃える薫が若輩ながらも懸命に立ち向かおうとする姿勢に勇気を貰えます。

              また、その理想が子供っぽい感傷でしかないことを古美門に指摘され、反論できないところにも共感できます。

              そして、一見卑劣だと見られるやり方で裁判を進める古美門の言葉の中に、この社会が抱える矛盾が隠されている点も素晴らしい。

              彼のテンポのよい毒舌は笑えるし、随所にスタッフさんの遊び心が伺える演出も拍手喝さいもの。

              とにかく、堺さんはハマリ役だったのではないかと思われるところが私的には魅力でした。

              出演者も豪華!
              演技派の皆さんのおかげで、とっぷり世界にハマることが出来るオススメ作品。

              めっちゃ笑える裁判ものでした(^.^)
              posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              カエルの王女様
              0
                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

                ブロードウェイで活躍することを目標にN.Yに渡米。ところが全く花開かず、エージェントに見放された倉坂。

                オーデションの予定もない彼女に渡されたのは、故郷・由芽市で音楽堂を潰そうとする市長と反目している元恩師からの依頼状だけ。

                そこにはママさんコーラスの『シャンソンズ』を立て直して欲しいとあったが、素人のメンバーに幻滅しやる気をなくす倉坂。

                そこへエージェントからクビの宣告があり・・・・。


                様々な事情を抱えながらコーラスを趣味の一環としてやっているママさんたち。
                そこへ、プロ意識満々でコーチとしてやってきた倉坂。

                私だったら嬉しいですけどねぇ。

                だって自分のスキルが上がるもの。

                どうせやるならより良い趣味にしたいじゃないですか。

                それに、倉坂役の天海さんがまた素敵!

                私は、役柄と、演じている役者さんの性格を同一視しないタイプなのですが、この作品では、私の想像する『そうであってほしい天海さん』にピタっとハマったのが魅力的でした。

                一流になるために苦労して努力して常に前向きで頑張ってきた倉坂。
                だから人にもそれを要求する。要求できるだけのことを彼女自身がやってきている。

                倉坂の言葉一つひとつに納得。

                何かに真剣に向き合って打ち込むことは素晴らしいと教えてくれる作品。
                倉坂の明るさと目立ちたがりの可愛い性格が華を添えてますね♪
                posted by: 黒猫 | テレビドラマ・DVDの感想 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |